うちの4匹の猫たちは、小姑1000人に匹敵するほど面倒だと思う…。

by haru-haru0402

病人と病猫の最強コンビ…

c0237608_164264.jpg

つむちゃん、私が給餌を始めてから、減る一方だった体重が増えてきました。
それでもずいぶん痩せてしまって、マンチカンか?ってぐらい短かったアンヨが
とても長くなってしまいました(*^_^*) ただいま2.7キロです♪
この調子で、目指せ3キロ!!と毎日お給仕係も頑張っているところです♪
c0237608_16185435.jpg

昨日は近所の病院で初めての皮下補液を受けてきました。
車で3分ほど、偶然空いていたのかもしれませんが待ち時間も数分で診察へ…。
点滴中もジッとしてゴロゴロ…やはり自宅よりつむちゃんには向いていたのかも?
心臓病と腎臓病の補液についての兼ね合いなどの話をして、サッと帰宅です♪


私の一番の不安は、自分の目が病気の再発により見えなくなったときです。
万が一、つむちゃんに急変があったときに自分では病院に連れて行けない…という
ことでした。 なんとも情けなく、やるせなく、想像するだけで涙も出ません。
でも、私は強いのです…。 一度再発して、大学病院と連携して治療を受けている
病院で、一時間以内に入院準備を持って大学病院へ向かって下さい…と言われ、
いきなりの手術…帰宅は出来る事となったものの、会計終えても恐怖で手はガタガタ
と震えて止まりませんでした。 暑い中、感染症予防のマスクと大きな眼帯姿…(笑)
c0237608_16424392.jpg

眼帯をしていない目もほとんど見えてないので、コンビニでお茶を買おうとしたけど、
お財布の中のお金が見えず取り出すことができませんでした……(-_-メ)


すみません!私、眼帯をしていない目も見えてないんです!!
お手数かけますが、財布から代金を取り出して頂けますか??


と恥ずかしげもなく、大きな声でハッキリと!!(*^_^*)♪♪  
同じことを調剤薬局でも……見えないので、書類は書いて頂けますか??と……。
まーたくましいこと、たくましいこと!!\(*^ 0 ^*)/\(*^ 0 ^*)/
イザとなれば、つむちゃんを這ってでも連れて行く覚悟は出来ているつもりです。
それでも、つむちゃんの病状を把握していてくれる病院が近くに出来て助かる…。
自宅点滴が上手く出来ない…という不甲斐なさも、つむちゃんにも私にも今となれば
プラスに働いたのでは?と思っています。
c0237608_1710244.jpg

朝からリビングはダンボール箱のクズだらけ!!(-_-メ)
誰がやったの!?と、大きな声を出せば、正直者な犯猫はすぐに判明です(笑)
この、ギクッ…w(◎o◎)w って顔でスグに分かるので吹き出しちゃいました。
まだ3歳になったばかりのヤンチャ坊主には、皆が活気づけられてますね(*^^)v


病人と病猫の、愛情と言う名の相乗効果で今日も、明日も明後日も頑張っていきます♪
[PR]
by haru-haru0402 | 2014-02-05 17:27 | うちの猫たち